調乳 水道水

調乳まさか水道水なんて使わないよね?

外出先の調乳に関しては、魔法瓶と保温機能のない水筒の2本持ちが基本でした。魔法瓶にはティファールケトルで沸かした熱湯80℃〜90℃くらいのものを入れ、水筒には一度沸かした熱湯が冷めた白湯を入れていました。これを調乳の時には、まず哺乳瓶に粉ミルクを入れ熱湯で溶きます。その後、白湯を加えて温度を調整して飲ませていました。外出先ではミルクを冷ますための水道がない場所も多いので、このように2本持ちしておくとどこでも調乳でき便利でした。わが家では魔法瓶はサーモスを使用していました。最初は、いただきものの無名メーカーの魔法瓶を使っていたのですが、朝に熱湯を入れても夕方には白湯くらいまでぬるくなっていたので買い替えました。サーモスの魔法瓶は時間がたっても冷めないのでおススメです。また、熱湯はたくさん必要なく白湯が多めに必要なので、熱湯を入れる魔法瓶は300mlくらいのボトルを使っていました。飲み口が広いタイプのものよりも注ぎ口が設けられているものの方が、哺乳瓶に注ぐときに熱湯をこぼす心配がなく安心ですよ。また、魔法瓶は熱湯を入れる専用にしていたので使うたびにさっとゆすぎはしますが、消毒などはせず使っていました。